Steelwrist Background
Please select market
×

スチールリスト・ヒストリー

  • 油圧ショベル用クイックカプラが

    油圧ショベル用クイックカプラが、スウェーデンの製造業者Åkermanにより発明される。

  • クイックカプラ黎明期

    クイックカプラのスウェーデン市場は勢いを増し始め、スウェーデンで人気が高まるにつれてクイックカプラの製造を開始する企業が増えました。 スウェーデンでは、Dento社(現スチールリスト社)、Bofors社、Överum社、Cerapid社、SMP社の5社がスウェーデンのクイックカプラ市場を独占しました。 一部の企業は、Noreko社によって開発されたチルトローテータのコンセプトに注目しはじめます。 1986年には、当社の前身であるDento社がチルトローテータの開発に着手しました。

  • 建設分野の危機的状況

    90年代初頭の建設部門の危機は、業界全体で大きな収益性の問題を引き起こしました。 この10年間で、チルトローテータ市場はスウェーデンだけでなく他の北欧地域でも一般的な作業装置となります。 Gjerstad インダストリー社は、チルトローテータの将来性を見据え、Dento社を買収しました。 Gjerstadsインダストリー社オーナーの急死により、工場建設計画は放置されました。

  • 新型チルトローテータの開発

    Dsolution社が設立し、80年代と90年代の経験を基にした新世代のチルトローテータの開発がBernt Wedbergによって開始されました。 プロトタイプの新世代チルトローテータシリーズが発表されました。

  • スチールリスト社設立

    ストックハウス氏とニルソン氏がスチールリスト社を設立し、Dsolution 社から開発プロジェクトを継承しました。

  • 取り扱い製品の拡大

    強い成長力、工業化、製品開発、生産能力の拡充により、取り扱い製品は倍増しました。

  • 出発

    スチールリストオリジナルのコントロールシステムとクイックカプラの生産開始

  • 新工場

    金融危機はダウンサイジングと合理化をもたらしました。 ボルボ建設機械との優先サプライヤー契約により、ストックホルム近郊のソレンツナに生産設備を統合し、新しい生産工場を建設する条件が整いました。

  • 力強い成長といくつかの新しい市場での販売開始

    力強い成長と、いくつかの新しい市場での販売が始まりました。 スチールリスト社の第2世代X-コントロールシステムは、兄弟企業であるSVAB社と共同で立ち上げられました。 品質(ISO9001)と環境(ISO14001)の両方に対するISO認証を取得しました。

  • 世界初の完全スチール鋳造製チルトローテータ

    製品開発と鋼鋳物への大規模な投資の中、世界初となる完全スチール鋳造チルトローテータであるX07を販売開始しました。 2012年当社は、NCCと共に発売されたフロントピンロック™付きクイックカプラの特許を取得しました。

  • チルトローテータ用安全クイックカプラ

    X20が発売され、チルトローテータ向けに安全なクイックカプラが導入されました。 ヤンマー建設機械とのOEM協力を開始しました。

  • X32導入によりチルトローテータの製品ラインナップ完成

    X32チルトローテータが発売され、大型油圧ショベル(最大33トン)向け製品ラインナップが完成しました。 ドイツで販売体制が立ち上げられ、Lehnhoff社向け標準チルトローテータの連続生産が始まりました。

  • 力強い成長

    引き続き力強い成長と新しいマーケットへ注力。 製品ラインナップは、北欧以外の地域でも拡大を続けるためにさらに広がっています。 JCB社とのOEM協力が始まりました。